プラセンタの歴史

プラセンタの歴史

プラセンタは紀元前から利用されていたといわれており、西洋ではクレオパトラやマリーアントワネットも使用していたといわれています。

 

中国でも秦の始皇帝の時代から使用されていたといわれています。

 

当時は医学的な根拠もなく利用されていたわけですが、不老長寿の薬として用いられていたといいますから、プラセンタのアンチエイジング効果は知られていたというわけですね。

 

1950年代にはメルスモン、ラエンネックといった医薬品が認可され販売が開始されています。

 

動物のプラセンタ原料としては、牛のプラセンタが多く使用されていましたが、BSEの発生以来、プラセンタ製剤によるBSEの感染の報告はありませんが、念のため感染のリスクを避けるため、牛由来の原料の使用は規制されるようになりました。

 

現在のプラセンタ成分は豚、馬、羊が使用されています。また、人のプラセンタは点滴薬、注射薬として医療機関においてのみ使用されています。

 

 



 
proudin プラウディン フラコラ