プラセンタの効果

プラセンタの効果

女性

プラセンタは哺乳類の動物の胎盤を意味しています。
サプリメントや化粧品に使われるプラセンタは主に豚、馬などの動物の胎盤を原料としています。

 

ご承知のように胎盤は妊娠後に赤ちゃんを育てるための特別な臓器です。

 

赤ちゃんはこの胎盤を通して成長に必要なあらゆる栄養分を摂っています。
そのため胎盤にはアミノ酸などの栄養分が豊富な上、赤ちゃんが成長するための「成長因子(グロースファクター)」が含まれています。
成長因子(グロースファクター)は身体の細胞に働きかけ細胞分裂を促し、新陳代謝を高めます。

 

細胞の新陳代謝のサイクルは年齢とともに鈍化してしまいます。。
肌細胞の生まれ変わりのサイクルが長くなってくると若々しさを失い、ハリやツヤをも失うことになります。

 

プラセンタは肌や身体に必要なアミノ酸を補給し、成長因子や、細胞の新陳代謝を高めるEGFが含まれています。
処方箋医薬品としては、更年期障害や乳汁分泌不全、慢性肝炎などの治療に使用されています。

 

プラセンタ医薬品の効用
プラセントップ錠 滋養強壮,肉体疲労時や妊娠授乳期,病中病後の栄養補給
メルスモン注射薬 (人プラセンタ原料使用) 更年期障害、乳汁分泌不全


プラセンタ医薬品

妊婦

プラセンタ原料を使用した医薬品にスノーデン社のプラセントップ錠があります。

 

豚、馬プラセンタを原料としていますが、第2医薬品として商品化されています。

 

プラセントップ錠の効用は、妊娠授乳期の栄養補給、特に産前産後の母体の体力回復・母乳の分泌促進にとなっています。

 



 
proudin プラウディン フラコラ