プラセンタ初回購入お試し

豚プラセンタと馬プラセンタの違い

豚

一般的に多く利用されているのが豚のプラセンタです。
豚は遺伝的に人に近いので受け入れられやすいといわれています。
豚の臓器が人に移植される技術も確立されているくらいですから、プラセンタの成分が人に馴染みやすいというのも推測できます。

 

馬

 

一方、馬のプラセンタはアミノ酸の量が豚の274倍もあるといわれています。
また、豚のプラセンタが水っぽいのに比べて馬のプラセンタはどっしりと重いので、濃厚なプラセンタであるともいわれます。
馬のプラセンタ原料は通量の多さによるものでしょうが、コスト的に豚よりも高くなっています。

 

 

 

豚プラセンタ派、馬プラセンタ派の双方にメリットを主張しています。
コスト的に馬の方が高価なので、高級品として使用されているような傾向がありますね。
ご自分の体質や環境、経済的な面で検討されると良いでしょう。

 


 
proudin プラウディン フラコラ